イメージ画像

製品情報

日本環境モニタリング株式会社は、研究目的や農産物、畜産物、魚介類、食品、土壌等の放射能測定に使用することができるガンマ線スペクトロメータ及び周辺機器類につき、欧米専門メーカーの製品を、正規輸入代理店として販売しております。

日本アイソトープ協会「放射線防護用設備・機器ガイド」に弊社製品が多数掲載されておりますので、ぜひご覧ください。
(日本アイソトープ協会様リンク)
放射線防護用設備・機器ガイド-2016/17年版- 刊行のご案内
放射線防護用設備・機器ガイド PDFダウンロード

ガンマ線スペクトロメトリーによる食品類や土壌等の放射性同位核種の同定・定量を行うモニタリング装置には、ヨウ化ナトリウムNaI(Tl)シンチレーション検出器を用いた測定器と、高純度ゲルマニウムHPGe半導体検出器を用いた2種類が広く利用されています。

弊社では、NaI(Tl)シンチレーション検出器放射能測定システムはスウェーデン王国ガンマデータ・インストゥルメント社(Gammadata Instrument AB)製のGDMシリーズを始め、各社製品を販売しております。 Gammadata Instrument 社のプロフィールについてはこちらをご覧ください。

高純度ゲルマニウム半導体検出器放射能測定システムはラトビア共和国バルティック・サイエンティフィック・インストゥルメンツ社(BSI; Baltic Scientific Instruments, Ltd.)製の測定器システムをご提供します。BSI社のプロフィールについてはこちらをご覧ください。

BSI社製品は、HPGe半導体検出器の他にも、CdZnTe/CdTe(テルル化カドミウム)半導体検出器や、SiLi半導体X線検出器をご提供致します。

以上のように、日本環境モニタリング株式会社では、食品モニター用放射能測定器から原子力発電所における放射能モニタリング用検出器、更には各種の産業・研究分野にて使用される検出器まで、充実のガンマ線・X線検出器製品群をもちまして、多岐にわたるお客様のニーズにお応えしたいと考えております。

NaI(Tl)シンチレーション検出器による土壌の核種同定、I-131やCs-134, Cs-137のアクティビティ(Bq/kg)定量の際には、砂泥を構成する造岩鉱物に含まれる自然放射線を発する核種(U, Th, K)による影響を考慮し、測定データを解釈しなければなりません。日本環境モニタリング株式会社では、GDMシリーズをお買い上げのお客様に対しまして、平成22年以前に日本国内各地より採取した、福島第一原発事故に由来する放射性物質により汚染されていない砂のサンプルを分析して得た補正係数を無償にてご提供し、土壌サンプルの正しい測定方法をご案内致します。また、自然放射能による影響が見られる井戸水や一部地域の野菜については、データの取り扱い方法につきご案内致します。

日本環境モニタリング株式会社は、バルティック・サイエンティフィック・インストゥルメンツ社及びガンマデータ・インストゥルメント社との技術提携により、技術力の維持・向上を目指し、万全のアフターケア・サポート体制を保持致しております。

このページの先頭へ

理化学機器 | 放射線計測機器 | 製作 | 輸入・卸販売 | 測定サービス | 保守サービス | 講師派遣