イメージ画像

新製品:携帯型GPS連動型NaI検出器γ線測定装置

新製品のご案内
SARAD社製 NucScout
携帯型(ポータブル)GPS連動型NaI(Tl)シンチレーション検出器
ガンマ線スペクトロサーベイメーター

 

NucScoutの製品案内パンフレットはこちらからPDFファイルをご覧下さい

携帯型(ポータブル)GPS連動型のヨウ化ナトリウムシンチレーション検出器搭載ガンマ線スペクトロメーター「NucScout(ニュックスカウト)」が、SARAD社により開発されました。

質量は2.5kg(φ2x2インチ検出器の場合)で、ハンディタイプのNaI(Tl)検出器ガンマ線スペクトロサーベイメーターとしては、軽量型で機動性に優れた製品構成となっております。

NucScoutはスペクトロメーターにより、現場における核種同定が可能です。更には内蔵GPSと連動し、任意の時間間隔にて空間線量率(μSv/h)をリアルタイムに自動記録することができます。GPS位置情報、及び測定データはXMLファイルにてパソコンにエクスポートし、各種地図ソフトウェア上に(GoogleEarth等)可視化マッピングすることができます。

NucScoutは、迅速な初期対応が必要なホームランドセキュリティ、原子力施設、廃棄物マネージメント、環境モニタリング、保健物理、物理実験等に対応でき、初心者から上級ユーザーまで、幅広く活用することができます。また、NucScoutはin-situ測定装置として、核種毎の放射能をBq/m2にて求めることが可能です。

137Cs線源のスペクトルを液晶パネルに表示

本製品により、ガンマ線を発する放射性物質の核種を高精度に同定することができます。例えば、放射線量率が周辺よりも高い「ホットスポット」が発見された場合、通常の線量計では、それがどのような放射性同位核種によるものかを判断することはできません。NucScoutを用いることにより、ガンマ線発生源の放射性同位核種、例えばセシウムやラジウム等を迅速にサーチ・同定することができ、現場における初期対応の場面にて性能を発揮します。

 

特長
・質量は2.5キログラム
・φ2x2インチNaI(Tl)結晶検出器搭載
  (φ3x3インチ検出器選択可)
・MCA 256チャンネル
・内蔵GPS連動型空間線量率自動記録
・エネルギー補償
・GPSデータにより、地図上に線量率を可視化
・放射性同位核種自動同定、Bq値計算
・温度補償回路
・タッチパネルにより、現場にて手軽に
  操作・解析可能
・NiMH電池にて連続8時間の使用可
・データをパソコンに転送、解析可能
GPS連動空間線量率データ表示例

 

SARAD社製製品群につきましては、ラドン測定装置、大気ガス測定モジュール等、順次ご紹介させていただきます。

 

お問い合わせ、お見積は:
日本環境モニタリング株式会社
メール: info@jemsci.co.jp
電話: 045-341-0539
ファックス: 045-341-0523

このページの先頭へ

理化学機器 | 放射線計測機器 | 製作 | 輸入・卸販売 | 測定サービス | 保守サービス | 講師派遣